ファイナンシャルプランナーの資格について

ファイナンシャルプランナーについて

 

↓↓↓ECCビジネススクール↓↓↓

http://ecccb.com/

 

ファイナンシャルプランナー (FP) は、色々な方に幅広く支持されています。この資格が出来たばかりの頃は物珍しさもあり、みんなから『すごい!』とか『うちの家計みてよ!』等の依頼もありましたが、資格が割と簡単に取得できるので、現在ではFPだけでは食べていけないのが現状です。

 

 

ただ、やはり金融に関する資格である事は間違いなく、特に2級もしくはAFP以上の資格を持っている人と話をすると、非常に役立つことは間違いありません。ちなみにこの呼び名ですが、なぜこのように色々な呼び名があるのか不思議に思う方もいるでしょう。

 

 

これはファイナンシャルプランナーを管理している協会が二つあるためです。金融財政事情研究会と日本ファイナンシャルプランナーズ協会という二種類の協会があり、金財では(1~3)級FP技能士、FP協会ではCFP・AFPと、それぞれ呼び名が違うのです。

 

 

いぜんはFP協会しかありませんでした。FPが国家資格になったのはたしか2000年位です。その時に生まれたのが金財のFP技能士です。ですのでそのときの救済措置としてFP協会のAFPを取得していた人には、金財のFP2級技能士を取得した事としたのです。

 

 

ただし逆はありません。金財のFP2級技能士もっていてもAFPの資格は貰えません。AFP資格を得たいのでしたら、FP協会の指定の授業を受けてAFPを取るか、金財の2級技能士取得後にFP協会の講習を受け、試験に合格しないとAFPは取得出来ません。

 

 

資格の話は別のぺージでお話するとして、このサイトをご覧になられてる方は、多少でもFP取得に興味を持たれているはずです。今の職業がなんであれ、この資格はなんにでも役にたつと思います。ぜひ取得に向けて前向きにいかれてください。